新卒で失敗した若者の人生記録

新卒入社した大手企業を2か月で退職/半年間で2度の短期離職を経験/就活/人生/社会不適合者/挫折から成長していく過程/過去の後悔/等をテーマに自由に書いていきます。

早期退職の理由

貴重といわれている新卒カードで大手企業(金融系)に入社するもわずか2か月で退職をしてしまった理由

理由は「不安」です

2つの不安がありました。

 

一つは、実際に入社し周囲と比較して、外向性、コミュニケーション能力等で劣っていると感じ生き残れる気がしなかった事です。入社前から社内営業や付き合いが求められるとは承知していましたが、実際に組織に属して感じる不安は大きかったです。

 

また、自分はお酒が弱くビール一杯で顔が真っ赤になるほど弱く、飲まされる飲み会は好きではなく、益々今後に不安を感じていました。

世渡りがうまくかつ仕事もミスなくこなさなければ生き残る事が難しい等考えるうちに不安は膨れていました。

 

 

2つ目

私は大学の専攻とは無関係の職業だったため、内定後から入社までの期間に資格の勉強や業界に関連する本を読み業界の理解を深めていました。

 

そうしているうちにこの先どんどんシュリンクしていく業界である事、実際に組織に属してプレイヤーとなったとき、入社時に多くの学生が語っていた志望動機とはかけ離れた事をしていくんだと不安になりました。

 

金融リテラシーがアメリカ等と比較して乏しい日本人に対して、合理的に投資への推進ができたらと入社前は思っておりました。

具体的には書きませんが、自分は目的を実現できないと感じてしまいました。

 

 

文章からわかる通り今の自分は考えも、伝える能力も大企業で生き残れるような人では無いと思います。ネガティブで世渡り下手。

人格を変えられるなら変えたいと当時は思っていました。ついでにお酒も人並みに飲める体に(笑)

 

本日はここまで。

開始して2日目。継続できてる!(笑)

明日は早期退職での挫折について書きたいと思います。