新卒で失敗した若者の人生記録

新卒入社した大手企業を2か月で退職/半年間で2度の短期離職を経験/就活/人生/社会不適合者/挫折から成長していく過程/過去の後悔/等をテーマに自由に書いていきます。

周りと比べるから辛い、劣等感を感じる

過去の自分は周りの目を気にしてばかりいた。
高校3くらいから受験勉強を開始して、校内では上位の大学に合格したときは優越感にひったっていた。
あの時代が人生における優越感のピークだったと思う。


過去の栄光に浸るは無意味なことだが…


大学に進学すると周りのレベルが上がった。その大学に受かるくらいの偏差値の人が集まっているというのもあるが、ほとんどの友人の出身校のレベルが自分の高校よりも高く、育ってきた環境が異なり、自分の基準値が低くかったと初めて思い知らされた。


当時自分はレベルが周りより低い高校ということからバカにされたくないと思っており、ストレスを感じていた。


ただ、今思えば、別に周りなんか気にする必要はなくて、自分のやりたいことをやって、生きたいように生きればよかったなと思う。


周りと比較すること劣等感を感じ、バネにできる人もいると思う。
自分は恐縮してしまうタイプで落ち込んでしまうから、今では周りを気にしないように心がけている。


今は過去の自分と比較して、少しずつ成長していこうと思っている。
急がず、焦らず
自分は自分。
無い物ねだりはしない。