新卒で失敗した若者の人生記録

新卒入社した大手企業を2か月で退職/就活/人生/社会不適合者/挫折から成長していく過程/過去の後悔/等をテーマに自由に書いていきます。

早期退職による余韻は大きかった。

いまを生きるのが辛い。

過去の決意は簡単には忘れられない。

就活を終えてから、来年からは内定先企業で働いていくと決意してたからこそ(例えるなら第一志望で受かった大学に進学して、新たな生活を送っていく)切り替えが中々できない。

 

 

今はIT企業に勤めている。

結論、今の心境を述べると

今後やっていく気力が無い。

・新卒時にIT大手から内定を貰っていて、自分にとって現在とのギャップを受け入れるのが辛くモチベが上がらない。

・冒頭で述べた切り替えができないことも原因の1つだ。

・モチベが上がらず、新しい難しい技術を習得していこうという気力も上がらない。

 

去年までは金融の資格など勉強に対するモチベは非常に高かったが、不思議とモチベが上がらない。

 

 

生きてるだけでありがたいことなのに、毎日が辛い。

睡眠したまま安楽死で消えたいとも思う。

 

こんな私にも今思う理想がある。

自分のような思いをする人を産み出さないために自分の経験を元ににキャリア、就職に悩んでる人達を良い方向に導けられるような専門家になりたいと。

これが、今の心境を払拭できる唯一の手段だと思う。