新卒で入社した会社、1ヶ月で辞めた人の人生

新卒で入社した大手企業を1ヶ月で退職|半年間で2度の短期離職|社会不適合者|メンタル|仕事|生き方|をテーマに書いていきます。

うつ病を治すには

私は、新卒で入社した会社をたったの1ヶ月で退職をした。※退職した理由は省略します。(気になる方はこちら) 退職後、人生に対して悲観的になり、気がついたときにはうつ病になっていた。

うつ病になった原因とは

理由はいくつかあると思っている。 生きる意味がわからなくなり、周囲の人を見ていて、自分がみじめで、 自己否定感に襲われ、全く見えない未来に不安を感じていったことが原因だと思う。

周囲の人

彼女には心配をかけ、自分のこの先の事で精一杯になり別れることに。家族からは呆れられ、信用を失った。 友達からもレールから外れたみたいな目で見られ、本当に辛かったし、死にたいとも思った。 真剣に励ましてくれる人もいれば、正直中には見下してくる感じの人もいて、自分が惨めで、情けなかった。

転職

仕事を辞めてから徐々に気力が落ちてきていた。過去に体験したことがない感じで、起きるのが怠かったり、 頭が働かなかった。ニートになったらヤバイと頭の中で思っていたけれでも、 ・やりたいことがない ・転職活動が難しい という理由で絶望的な日々を過ごしていた。 転職エージェントにも、相当厳しい戦いになるといわれ、 過去の就活を大きく後悔をしたことも記憶にある。 実際に転職活動中は新卒時代とは異なり、書類が全く通らず、 家族に与える不安や、この先どうなってしまうんだろうという不安感でいっぱいになった。

人生の意味

この頃、考えていたのが「人生の意味。」ついに悟りを開いていた。 自分は内向的な性格であり、特に趣味とか、やりたいことも無かった当時は、 生きる意味って何なんだろうと自問自答していた。 2chをみて、いろんな人の生活ライフをみていたり、 ネットで人生について調べまくったり。 完全に自分を見失っていて、死にたいと強く思っていた。

無意識のうちにうつ病は治ってた

転職活動を1ヶ月し、就職するも、次の会社も3ヶ月程で辞めて波乱万丈な1年を経たわけだが、 無意識のうちにうつ病は完治していた。 自分の状態がヤバイと思ったときに、心療内科に行き薬を飲んでいたけれども、 根本的な不安とか自己否定感というのが解消されないと、薬を止めると自分の場合は再発していた。

なぜ治ったのか

気がついたときには心療内科に通う必要も、薬を飲まなくても問題なく過ごすことができるようになっていた訳だが、 なぜそのようになったのか。 明らかにうつ病のとき自分と今の自分は違うと断言できる。考え方を改めることがえきたらからこそ。

今にフォーカスする

過去は変えられなければ、未来はわからない。 だから今できることを一生懸命やる。

人生は自分でデザインする

昔は生きる意味とか考えていたけれども、 最近は映画とかアニメに熱中していたり、生きがいを見いだすことができた。 人生がつまらないと思っていたから、うつ病の治療をしながら、とにかく習い事などやってみたりして、 楽しさを見つけていた。 自分の人生は自分で変えていかなければ、誰も何もしてくれない。

仕事の選択

今の仕事は、新卒時の会社の給料と比較すると生涯年収は低いだろう。 しかし、一般的な会社員であれば、週7日のうち5日は基本働くのである。 そう考えたとき、金ではなく、自分が興味を持てる仕事、社風、人というのを重視しようと決めた。 今では、以上のすべてに満足をしているし、仕事に対して興味を持っているから、 仕事でうまくいかなくても、逃げたいとか思わない。 お金をもらいながら、成長できるのは最高だと思っている。 新卒で入社した会社を退職してから、転職エージェントの人、経営者、学歴がないのに高給取りの人など 様々な人に会ってきて、信念もって頑張れば様々な可能性があると確信した。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 うつ病になった当初を思い出しながら、感じていたこととかダラダラ書いてみました。 まさか自分がうつ病の症状に陥るとは思いもしなかった。ヤバイと思ったらまずは、心療内科に行くことをおすすめします。 正直、薬を飲んでいなかったら、相当辛かったと思うし、今の自分はいないと思う。 人生生きていれば、辛いこととか悲観することがあるかもしれないけれど、 ぶれない軸があれば、再起できる。人の目を気にせず、自分らしく生きていこう。